スペース1999
スペース1999

月の核廃棄物が爆発し、月は宇宙を彷徨うことになってしまいますが、その状況で月面基地に暮らす人々が安住の地を求めるSF特撮ドラマです。

マーティン・ランドー(出演者) クリストファー・リー(出演者) バーバラ・ベイン(出演者) バリー・モース(出演者) ニック・テイト(出演者)

1867円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

スペース1999
スペース1999

月の核廃棄物が爆発し、月は宇宙を彷徨うことになってしまいますが、その状況で月面基地に暮らす人々が安住の地を求めるSF特撮ドラマです。

マーティン・ランドー(出演者) クリストファー・リー(出演者) バーバラ・ベイン(出演者) バリー・モース(出演者) ニック・テイト(出演者)

1867円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

クチコミ数10 ※ここでは代表的なクチコミを表示しています。
chiichiさん
最初に見たのは、既に観始めていた姉に勧められた時でした。第1シーズンの「永遠の生命の怪」というエピソードでした。まず、ストーリーのあらすじから始まりますが、月に捨てられた放射能物質が爆発し、その威力で地球の引力圏を飛び出し、人々の住むムーンベースアルファをのせたまま、宇宙を放浪する旅に出る事になるというアイディアが凄いと思いました。シーズン1と2では、カラーがガラリと変わり、シーズン1はSF色の濃いエピソードがつづられていると思います。スペースオペラとは全く違い、質の良いSF小説を読んでいる感じでした。初めてみたエピソードでは、月に残された人々がどうにか限られた資源で生き延びる方法を探りながら、努力している姿が見られ、ある星に近づき、そこには、遥か昔にその星を訪れた地球人が齢をとらずに、永遠に生きているという話でした。永遠の寿命さえあれば、どんな研究も成し遂げられるし、これから先の何が起こるか判らない恐怖の旅から逃れる事が出来ると、人々は期待するのですが、そこに恐ろしい現実が待っているというストーリーでした。私は、残酷描写が苦手で、そういう系のドラマは避けているのですが、この物語は、はっきりと映さずに、恐ろしさを描いていると思いました。シーズン2では、がらりと印象が変わり、より娯楽性を追求し、キャラクターが個性的になりましたが、私は、こちらも大好きです。特に何にでも化ける事の出来る異星人マヤという女性キャラクターが好きです。数年前にスカパーで再放送された時に加入し、全話録画して、楽しみました。日本では未公開の映画版があるそうですが、それをぜひとも見たいです。
最初に見たのは、既に観始めていた姉に勧められた時でした。第1シーズンの「永遠の生命の怪」というエピソ…もっと見る
最初に見たのは、既に観始めていた姉に勧められた時でした。第1シーズンの「永遠の生命の怪」というエピソードでした。まず、ストーリーのあらすじから始まりますが、月に捨てられた放射能物質が爆発し、その威力で地球の引力圏を飛び出し、人々の住むムーンベースアルファをのせたまま、宇宙を放浪する旅に出る事になるというアイディアが凄いと思いました。シーズン1と2では、カラーがガラリと変わり、シーズン1はSF色の濃いエピソードがつづられていると思います。スペースオペラとは全く違い、質の良いSF小説を読んでいる感じでした。初めてみたエピソードでは、月に残された人々がどうにか限られた資源で生き延びる方法を探りながら、努力している姿が見られ、ある星に近づき、そこには、遥か昔にその星を訪れた地球人が齢をとらずに、永遠に生きているという話でした。永遠の寿命さえあれば、どんな研究も成し遂げられるし、これから先の何が起こるか判らない恐怖の旅から逃れる事が出来ると、人々は期待するのですが、そこに恐ろしい現実が待っているというストーリーでした。私は、残酷描写が苦手で、そういう系のドラマは避けているのですが、この物語は、はっきりと映さずに、恐ろしさを描いていると思いました。シーズン2では、がらりと印象が変わり、より娯楽性を追求し、キャラクターが個性的になりましたが、私は、こちらも大好きです。特に何にでも化ける事の出来る異星人マヤという女性キャラクターが好きです。数年前にスカパーで再放送された時に加入し、全話録画して、楽しみました。日本では未公開の映画版があるそうですが、それをぜひとも見たいです。…元に戻す
SF超大作!このドラマはとにかくスケールが違うぞ!ランキング6.24pt
まいきー5さん
スペース1999は高校生の時に見ていました。夕方4時くらいから放送されていたので、学校から急いで帰って見ていました。でも確実に見れたわけではないので、最後の結末は分かりません。「ムーンベースアルファ~迷いぼ~しぃ~」という歌を思い出します。ストーリーは、月面の核爆発事故で月が地球の引力圏を離れて宇宙をさまよいだし、そこに起こる色々な隊員の葛藤、苦労、事件が中心となっています。1970年代のTVシリーズの割にはしっかりしたSFとして楽しめました。まさにSFアクションではなくてSFドラマでした。調べてみると、サンダーバードを作ったプロデューサーが製作したそうです。ストーリーがしっかりしているところはそういった理由からだと思いました。それにしても、最後の結末がどうなったか、今でも気になっています。
スペース1999は高校生の時に見ていました。夕方4時くらいから放送されていたので、学校から急いで帰っ…もっと見る
スペース1999は高校生の時に見ていました。夕方4時くらいから放送されていたので、学校から急いで帰って見ていました。でも確実に見れたわけではないので、最後の結末は分かりません。「ムーンベースアルファ~迷いぼ~しぃ~」という歌を思い出します。ストーリーは、月面の核爆発事故で月が地球の引力圏を離れて宇宙をさまよいだし、そこに起こる色々な隊員の葛藤、苦労、事件が中心となっています。1970年代のTVシリーズの割にはしっかりしたSFとして楽しめました。まさにSFアクションではなくてSFドラマでした。調べてみると、サンダーバードを作ったプロデューサーが製作したそうです。ストーリーがしっかりしているところはそういった理由からだと思いました。それにしても、最後の結末がどうなったか、今でも気になっています。…元に戻す
SF超大作!このドラマはとにかくスケールが違うぞ!ランキング3.94pt
オリオリ兄さんさん
ITCの特撮SFシリーズの中では、末期の作品に位置付けられますが、それに相応しい集大成的な内容の本格SFドラマになっています。月が地球の軌道から外れてしまうという奇想天外な設定や、毎回毎回趣向を凝らしたミステリアスかつスリリングな展開は、観る者を飽きさせません。前作「謎の円盤UFO」は、物語がややパターン化し過ぎたきらいがありましたが、「スペース1999」はそのような傾向はなく、人間ドラマとしての奥行も深くなり、更に見応えのあるものになっています。そして、特撮技術も一段と高度になり、予算の限られたテレビドラマながら素晴らしい仕上がりです。この作品をもって、ITCの特撮ドラマシリーズは従来の年少者向け路線を完全に脱し、大人の鑑賞に耐える(むしろ完全に大人向けといえる)作品に進化したと言えるでしょう。
ITCの特撮SFシリーズの中では、末期の作品に位置付けられますが、それに相応しい集大成的な内容の本格…もっと見る
ITCの特撮SFシリーズの中では、末期の作品に位置付けられますが、それに相応しい集大成的な内容の本格SFドラマになっています。月が地球の軌道から外れてしまうという奇想天外な設定や、毎回毎回趣向を凝らしたミステリアスかつスリリングな展開は、観る者を飽きさせません。前作「謎の円盤UFO」は、物語がややパターン化し過ぎたきらいがありましたが、「スペース1999」はそのような傾向はなく、人間ドラマとしての奥行も深くなり、更に見応えのあるものになっています。そして、特撮技術も一段と高度になり、予算の限られたテレビドラマながら素晴らしい仕上がりです。この作品をもって、ITCの特撮ドラマシリーズは従来の年少者向け路線を完全に脱し、大人の鑑賞に耐える(むしろ完全に大人向けといえる)作品に進化したと言えるでしょう。…元に戻す
SF超大作!このドラマはとにかくスケールが違うぞ!ランキング3.47pt
パチーノさん
子供の頃に家族でよく観ていた米ドラマは、NHKの大草原の小さな家、刑事コロンボ、警部マクロード、署長マクミランと唯一、民放で観ていたのが「スペース1999」でした。小学校高学年頃だったので、SFやお化けに興味深々なお年頃で、かつ、何年か前に人類が月面着陸したばかりとあって、月の映像などが観れる事が嬉しくてTVにかじり付くように観ていた事を覚えています。月面基地(ムーンベースアルファ)の裏側で核処理施設が爆発し、月が宇宙の彼方へ飛んで行ってしまうという、今考えたらありえないだろう?と思える奇想天外なストーリーが、当時の私は全く疑う事なく、むしろ、眼をキラキラ輝かせて観ていたと思います。内容は古すぎてよく覚えていませんが、未来の醜い自分の幻影に取り付かれて、本当に事故で、同じ様な状態になってしまった。そんな回が印象に残っています。第一シーズンと第二シーズンとがあり、キャストがいきなり替わってしまってがっかりした事を覚えています。
子供の頃に家族でよく観ていた米ドラマは、NHKの大草原の小さな家、刑事コロンボ、警部マクロード、署長…もっと見る
子供の頃に家族でよく観ていた米ドラマは、NHKの大草原の小さな家、刑事コロンボ、警部マクロード、署長マクミランと唯一、民放で観ていたのが「スペース1999」でした。小学校高学年頃だったので、SFやお化けに興味深々なお年頃で、かつ、何年か前に人類が月面着陸したばかりとあって、月の映像などが観れる事が嬉しくてTVにかじり付くように観ていた事を覚えています。月面基地(ムーンベースアルファ)の裏側で核処理施設が爆発し、月が宇宙の彼方へ飛んで行ってしまうという、今考えたらありえないだろう?と思える奇想天外なストーリーが、当時の私は全く疑う事なく、むしろ、眼をキラキラ輝かせて観ていたと思います。内容は古すぎてよく覚えていませんが、未来の醜い自分の幻影に取り付かれて、本当に事故で、同じ様な状態になってしまった。そんな回が印象に残っています。第一シーズンと第二シーズンとがあり、キャストがいきなり替わってしまってがっかりした事を覚えています。…元に戻す
SF超大作!このドラマはとにかくスケールが違うぞ!ランキング2.73pt
スペース1999のレビューをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※投稿いただいたレビュー(クチコミ)は、当社で承認の後、点数化して、上記に追加いたします。
※レビューの点数化は文字数が少なすぎると適正に行われません。レビューをご記入いただく際には150文字以上のご記入をおすすめ致します。