ライオンと魔女(ナルニア国ものがたり(1))
ライオンと魔女(ナルニア国ものがたり(1))

衣装箪笥には別世界に通じており、そこからナルニア国に行った4人の子供が、友人になったライオンと共に魔女軍と戦うストーリーです。

1円
734円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

ライオンと魔女(ナルニア国ものがたり(1))
ライオンと魔女(ナルニア国ものがたり(1))

衣装箪笥には別世界に通じており、そこからナルニア国に行った4人の子供が、友人になったライオンと共に魔女軍と戦うストーリーです。

1円
734円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

クチコミ数37 ※ここでは代表的なクチコミを表示しています。
tammnoさん
舞台の時代が見えにくいのですがなんとなく中世をイメージさせるような感覚の物語、私だけではなく中学生になる娘も一緒に読みました。むすめがむかしから日本文学、西洋文学問わずファンタジー小説、特にライオンと魔女(ナルニア国物語)のような長編を読むことが大好きです。この物語は何よりもライオンと主人公の交流が国の行方を左右するという大きなテーマになっていて感情移入しやすいことがポイントでしょうか。動物が擬人化されていて話をするという展開は特に子供にとっては面白いのかもしれません。もちろん、大人にとってもこうしたファンタジー小説は現実を離れて読んでみたくなるものです。1冊目の後、すぐに続編もあわせて読んでいます。
舞台の時代が見えにくいのですがなんとなく中世をイメージさせるような感覚の物語、私だけではなく中学生に…もっと見る
舞台の時代が見えにくいのですがなんとなく中世をイメージさせるような感覚の物語、私だけではなく中学生になる娘も一緒に読みました。むすめがむかしから日本文学、西洋文学問わずファンタジー小説、特にライオンと魔女(ナルニア国物語)のような長編を読むことが大好きです。この物語は何よりもライオンと主人公の交流が国の行方を左右するという大きなテーマになっていて感情移入しやすいことがポイントでしょうか。動物が擬人化されていて話をするという展開は特に子供にとっては面白いのかもしれません。もちろん、大人にとってもこうしたファンタジー小説は現実を離れて読んでみたくなるものです。1冊目の後、すぐに続編もあわせて読んでいます。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング6.21pt
まりかさん
この物語がそのファンタジー世界に読者を没頭させてくれるのは、ナルニアに住むキャラクターたちが実に魅力的だからです。冒険する四人は人間でそれぞれに性格の違いはありますが、それ以上に一人一人の個性が際立っていて皆いきいきしています。(マイペースで面倒見のいいバービー奥さんが個人的に大好きです!)また、子ども向けに書かれているので教訓も含まれているのですが、ちっともお説教臭くなく、最後までファンタジーであり続けてくれます。たとえば一番分かりやすいのはエドマンド。意地悪で兄弟を裏切るので、痛い目にあいます。でもここで終わらず悪かったことを反省して謝り、仲直りした後は勇気を出して戦い、大人になると真面目で正義感ある王になるのです。自分が四人の親世代になった今、そういう子どもの成長にとことん感動してしまいます。
この物語がそのファンタジー世界に読者を没頭させてくれるのは、ナルニアに住むキャラクターたちが実に魅力…もっと見る
この物語がそのファンタジー世界に読者を没頭させてくれるのは、ナルニアに住むキャラクターたちが実に魅力的だからです。冒険する四人は人間でそれぞれに性格の違いはありますが、それ以上に一人一人の個性が際立っていて皆いきいきしています。(マイペースで面倒見のいいバービー奥さんが個人的に大好きです!)また、子ども向けに書かれているので教訓も含まれているのですが、ちっともお説教臭くなく、最後までファンタジーであり続けてくれます。たとえば一番分かりやすいのはエドマンド。意地悪で兄弟を裏切るので、痛い目にあいます。でもここで終わらず悪かったことを反省して謝り、仲直りした後は勇気を出して戦い、大人になると真面目で正義感ある王になるのです。自分が四人の親世代になった今、そういう子どもの成長にとことん感動してしまいます。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング4.55pt
ナルニアの為に!!さん
イギリスの地で、男女二人ずつのペベンシー家の4人きょうだいが疎開のために親元を離れやってきた教授の家で、かくれんぼをして遊んでいた時、末っ子のルーシーが偶々入り込んだ洋服タンスが、なんとナルニア国という異世界の入口…そしてその先で初めて出くわしたのがタムナスさんというフォーン(下半身が獣の妖精)…!というナルニア国ものがたり。いきなり異世界に放り込まれるパラレルさ。そしてそこの住人が妖精たちや、世界を冬にした白い魔女。そして、追放されたサンタクロースに、もの言う獣たち。そしてペベンシーきょうだいをナルニアに呼んだナルニア国の神はアスランというライオンです。…これをファンタジー小説と言わずして何といいますか!?まさにこれぞ王道。「ザ・ファンタジー」でしょう!
イギリスの地で、男女二人ずつのペベンシー家の4人きょうだいが疎開のために親元を離れやってきた教授の家…もっと見る
イギリスの地で、男女二人ずつのペベンシー家の4人きょうだいが疎開のために親元を離れやってきた教授の家で、かくれんぼをして遊んでいた時、末っ子のルーシーが偶々入り込んだ洋服タンスが、なんとナルニア国という異世界の入口…そしてその先で初めて出くわしたのがタムナスさんというフォーン(下半身が獣の妖精)…!というナルニア国ものがたり。いきなり異世界に放り込まれるパラレルさ。そしてそこの住人が妖精たちや、世界を冬にした白い魔女。そして、追放されたサンタクロースに、もの言う獣たち。そしてペベンシーきょうだいをナルニアに呼んだナルニア国の神はアスランというライオンです。…これをファンタジー小説と言わずして何といいますか!?まさにこれぞ王道。「ザ・ファンタジー」でしょう!…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング3.64pt
ぺーすけさん
内容はまだ序章、といった感じですけど、ファンタジー小説を読んだという読了後の満足感はすごかったです。ただ社会人になってからこの物語に会ったので、兄弟はこれからどうなっていくのだろうとか、ナルニアで過ごす時間と現実の時間の関係はどんな仕組みになっているのかとか余計なことを考えてしまって、少し損をしたような気もしますね。せっかくのファンタジーに、無粋な現実を持ち込む自分の無意識が腹立たしかったです。自分も魔法が使ってみたい、知らない世界に行ってみたい、なんとかすればここではないどこかでヒーローになれるのではないかと、無邪気に夢見ていたころに、できることなら作品を読んでおきたかったです。そうしたらもっとずっと、楽しい時間が過ごせたはずです。
内容はまだ序章、といった感じですけど、ファンタジー小説を読んだという読了後の満足感はすごかったです。…もっと見る
内容はまだ序章、といった感じですけど、ファンタジー小説を読んだという読了後の満足感はすごかったです。ただ社会人になってからこの物語に会ったので、兄弟はこれからどうなっていくのだろうとか、ナルニアで過ごす時間と現実の時間の関係はどんな仕組みになっているのかとか余計なことを考えてしまって、少し損をしたような気もしますね。せっかくのファンタジーに、無粋な現実を持ち込む自分の無意識が腹立たしかったです。自分も魔法が使ってみたい、知らない世界に行ってみたい、なんとかすればここではないどこかでヒーローになれるのではないかと、無邪気に夢見ていたころに、できることなら作品を読んでおきたかったです。そうしたらもっとずっと、楽しい時間が過ごせたはずです。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング3.6pt
けろさん
記念すべきナルニア国物語シリーズ第1作ですね。わたしは、小説よりも先に映画を見に行きました。映画を見に行ったのは小学4年生のときで、本を読んだのは大人になってからです。小学校のときは、本は読まなかったので、映画を見に行きました。この映画を見たときは、独自の世界観に入り込んでいきました。そして、本屋でこれを見かけたので、買うことにしました。あの映像が、ふたたびよみがえってきました。もちろん映画と違うところは多々見られましたが、キャラクターの印象が頭にあるので、非常に楽しかったです。とくに最後のみんなが大人になっている場面なんていうのは、映像で一度見ているひとのほうが、楽しいに決まってます。映画から先に見て、よかったと思えた小説でした。
記念すべきナルニア国物語シリーズ第1作ですね。わたしは、小説よりも先に映画を見に行きました。映画を見…もっと見る
記念すべきナルニア国物語シリーズ第1作ですね。わたしは、小説よりも先に映画を見に行きました。映画を見に行ったのは小学4年生のときで、本を読んだのは大人になってからです。小学校のときは、本は読まなかったので、映画を見に行きました。この映画を見たときは、独自の世界観に入り込んでいきました。そして、本屋でこれを見かけたので、買うことにしました。あの映像が、ふたたびよみがえってきました。もちろん映画と違うところは多々見られましたが、キャラクターの印象が頭にあるので、非常に楽しかったです。とくに最後のみんなが大人になっている場面なんていうのは、映像で一度見ているひとのほうが、楽しいに決まってます。映画から先に見て、よかったと思えた小説でした。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング1.51pt
はじめっちゅさん
「ライオンと魔女」は、C.S.ルイスの7冊もののシリーズ、「ナルニア国物語」の中の一つです。シリーズの中では最初に発表されたものですが、、物語を時系列に並べると2冊目になります。 第二次大戦中にロンドンから田舎に疎開していた4人兄弟が主人公です。疎開先のお屋敷で子供たちはかくれんぼうをしている時に偶然隠れたたんすから、異世界のナルニア国に迷い込みます。そこでは、白い魔女が長い間支配する世界で、季節は常に冬でした。それを子供たちが、その世界の創造者であるライオンのアスランとともに、魔女を追い詰め、ナルニアに平和と四季をもたらす、という物語です。 きわめてキリスト教的な話で、まるで福音書を読んでいるかのような内容です。例えば、アスランが一度魔女に殺されて、復活を遂げる、とか、4兄弟の一人エドマンドは、最初魔女に取り込まれていたが、アスランによって罪を償い、魔女と戦ったのちによき為政者になる、といった感じです。 ストーリー展開は非常に面白く、子供のみならず大人も楽しめると思いますが、どうも私は、この、キリスト教臭さについていけないものを感じました。 また、エドマンドを除く3人は、かなりステレオタイプの良い子で、昔のイギリスのアッパーミドルはこういう子供を理想としていたのか、と思ったものです。でも、仮に自分がこの子たちと同じ年齢の時にこの本を読んだとして、果たしてこの子たちに感情移入できるだろうか、と考えてしまうと、ちょっと難しいだろう、というのが正直な感想です。
「ライオンと魔女」は、C.S.ルイスの7冊もののシリーズ、「ナルニア国物語」の中の一つです。シリーズ…もっと見る
「ライオンと魔女」は、C.S.ルイスの7冊もののシリーズ、「ナルニア国物語」の中の一つです。シリーズの中では最初に発表されたものですが、、物語を時系列に並べると2冊目になります。 第二次大戦中にロンドンから田舎に疎開していた4人兄弟が主人公です。疎開先のお屋敷で子供たちはかくれんぼうをしている時に偶然隠れたたんすから、異世界のナルニア国に迷い込みます。そこでは、白い魔女が長い間支配する世界で、季節は常に冬でした。それを子供たちが、その世界の創造者であるライオンのアスランとともに、魔女を追い詰め、ナルニアに平和と四季をもたらす、という物語です。 きわめてキリスト教的な話で、まるで福音書を読んでいるかのような内容です。例えば、アスランが一度魔女に殺されて、復活を遂げる、とか、4兄弟の一人エドマンドは、最初魔女に取り込まれていたが、アスランによって罪を償い、魔女と戦ったのちによき為政者になる、といった感じです。 ストーリー展開は非常に面白く、子供のみならず大人も楽しめると思いますが、どうも私は、この、キリスト教臭さについていけないものを感じました。 また、エドマンドを除く3人は、かなりステレオタイプの良い子で、昔のイギリスのアッパーミドルはこういう子供を理想としていたのか、と思ったものです。でも、仮に自分がこの子たちと同じ年齢の時にこの本を読んだとして、果たしてこの子たちに感情移入できるだろうか、と考えてしまうと、ちょっと難しいだろう、というのが正直な感想です。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング1.15pt
ライオンと魔女(ナルニア国ものがたり(1))のレビューをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※投稿いただいたレビュー(クチコミ)は、当社で承認の後、点数化して、上記に追加いたします。
※レビューの点数化は文字数が少なすぎると適正に行われません。レビューをご記入いただく際には150文字以上のご記入をおすすめ致します。