ナチュラルウーマン
ナチュラルウーマン

女性同士の恋愛模様を描いた作品です。松浦理英子が一番に自賛している作品で、表題を含め、三つの物語から構成されています。

100円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

ナチュラルウーマン
ナチュラルウーマン

女性同士の恋愛模様を描いた作品です。松浦理英子が一番に自賛している作品で、表題を含め、三つの物語から構成されています。

100円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

クチコミ数10 ※ここでは代表的なクチコミを表示しています。
あいさん
ナチュラルウーマンは、完全に恋愛ドラマだと思っています。それは人が人を好きになることに、どんな形であろうと、好きという気持ちは変わることがないからです。同性愛について、私が初めて見る作品でもありました。私にとっては、同性愛について語ることはなかったのですが、この小説をみると、そのことを理解する事ができました。またこの私もふとしたときに、女性を好きになることがあるかもしれないと思ったほど自然で繊細な心のひだを感じることができ、素晴らしい恋愛小説だと感じています。人との出会いは不思議なものです。そして人生において、まさかと思うことが起こりうるかもしれないという、人の可能性みたいな心も、見る事が出来たので、価値のある小説だと思っています。
ナチュラルウーマンは、完全に恋愛ドラマだと思っています。それは人が人を好きになることに、どんな形であ…もっと見る
ナチュラルウーマンは、完全に恋愛ドラマだと思っています。それは人が人を好きになることに、どんな形であろうと、好きという気持ちは変わることがないからです。同性愛について、私が初めて見る作品でもありました。私にとっては、同性愛について語ることはなかったのですが、この小説をみると、そのことを理解する事ができました。またこの私もふとしたときに、女性を好きになることがあるかもしれないと思ったほど自然で繊細な心のひだを感じることができ、素晴らしい恋愛小説だと感じています。人との出会いは不思議なものです。そして人生において、まさかと思うことが起こりうるかもしれないという、人の可能性みたいな心も、見る事が出来たので、価値のある小説だと思っています。…元に戻す
恋愛したい!そんなときめく気持ちになれる小説ランキング6.44pt
GLの醍醐味を味わい尽くせる秘密の花園の小説ランキング1.3pt
ナノさん
「ナチュラル・ウーマン」ほど繊細で美しい恋愛小説を、私は他に知りません。共にマンガ家である女性2人の、恋が終わるまでの関係を描いています。才能があるもの同士強烈に惹かれあいますが、同時に激しくぶつかり合い、そして食い合います。カミソリで皮膚を裂くようにお互い傷つけ合う2人の描写が、「恋」というものが必然的に内包する鋭い痛みを、読む者に痛烈に思い出させ胸を締め付けます。松浦理英子というと、この次の作品の「親指Pの修行時代」がとても話題になり、そちらだけを読んだ後、再び彼女の作品を読むことが無かった方も多いかと思います。しかし彼女の小説の中で一番読むべきものは「ナチュラル・ウーマン」であり、突出した傑作だと思います。
「ナチュラル・ウーマン」ほど繊細で美しい恋愛小説を、私は他に知りません。共にマンガ家である女性2人の…もっと見る
「ナチュラル・ウーマン」ほど繊細で美しい恋愛小説を、私は他に知りません。共にマンガ家である女性2人の、恋が終わるまでの関係を描いています。才能があるもの同士強烈に惹かれあいますが、同時に激しくぶつかり合い、そして食い合います。カミソリで皮膚を裂くようにお互い傷つけ合う2人の描写が、「恋」というものが必然的に内包する鋭い痛みを、読む者に痛烈に思い出させ胸を締め付けます。松浦理英子というと、この次の作品の「親指Pの修行時代」がとても話題になり、そちらだけを読んだ後、再び彼女の作品を読むことが無かった方も多いかと思います。しかし彼女の小説の中で一番読むべきものは「ナチュラル・ウーマン」であり、突出した傑作だと思います。…元に戻す
恋愛したい!そんなときめく気持ちになれる小説ランキング5.65pt
GLの醍醐味を味わい尽くせる秘密の花園の小説ランキング1.14pt
あいうえおさん
松浦理英子は寡作である。出された本は 数えるほどしかない。しかし その存在感は相当なものである。 本書は 女性作家が描く 女性の同性愛の話である。男性の僕としては ある意味で そうしようもなく分からない状況であるとしか言いようがない。 基本的には 人間には男性と女性しかいないと思う。例えば 男性でありながら心は女性であるという方もいらっしゃるわけだが その方を「女性」とジャンルしてしまえば 引き続きその2種類しかない。 男性に属する僕にして 本書を読んでいると 「女性」というものは分からないものであると つくづく思った。「女性」の考え方、生理、本能といったものが なまなましく描かれているのが 本書なのだろうと かろうじて思っているが そのなまなましさ自体が 本当なのかどうかもわからない。 そんな迷宮に迷い込んだ思いを強く感じさせるのも本書である。
松浦理英子は寡作である。出された本は 数えるほどしかない。しかし その存在感は相当なものである。 本…もっと見る
松浦理英子は寡作である。出された本は 数えるほどしかない。しかし その存在感は相当なものである。 本書は 女性作家が描く 女性の同性愛の話である。男性の僕としては ある意味で そうしようもなく分からない状況であるとしか言いようがない。 基本的には 人間には男性と女性しかいないと思う。例えば 男性でありながら心は女性であるという方もいらっしゃるわけだが その方を「女性」とジャンルしてしまえば 引き続きその2種類しかない。 男性に属する僕にして 本書を読んでいると 「女性」というものは分からないものであると つくづく思った。「女性」の考え方、生理、本能といったものが なまなましく描かれているのが 本書なのだろうと かろうじて思っているが そのなまなましさ自体が 本当なのかどうかもわからない。 そんな迷宮に迷い込んだ思いを強く感じさせるのも本書である。…元に戻す
恋愛したい!そんなときめく気持ちになれる小説ランキング1.3pt
GLの醍醐味を味わい尽くせる秘密の花園の小説ランキング1.05pt
ナチュラルウーマンのレビューをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※投稿いただいたレビュー(クチコミ)は、当社で承認の後、点数化して、上記に追加いたします。
※レビューの点数化は文字数が少なすぎると適正に行われません。レビューをご記入いただく際には150文字以上のご記入をおすすめ致します。