百舌の叫ぶ夜
百舌の叫ぶ夜

直木賞受賞作家の逢坂剛が警察とテロリストを題材に書きあげた「百舌」シリーズの第一作目の作品です。ドラマ化もされ、人気になりました。

1円
778円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

百舌の叫ぶ夜
百舌の叫ぶ夜

直木賞受賞作家の逢坂剛が警察とテロリストを題材に書きあげた「百舌」シリーズの第一作目の作品です。ドラマ化もされ、人気になりました。

1円
778円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

クチコミ数21 ※ここでは代表的なクチコミを表示しています。
かもめさん
突然街で起こった爆弾事件に巻き込まれて命を絶った妻の死の真相を暴くために動き出した公安刑事の主人公。主人公だけではなく、登場人物のほとんどが警察関係者です。所轄刑事と公安の対立、上下関係、組織の窮屈さが描かれている点も警察小説の王道であるといえます。容疑者とされる連続殺人犯を追ううちに警察内部の陰謀に辿りついて行きますが、警察の秘密体質を見事に生かし、最後まで誰が敵で味方か分からないというドキドキを楽しむことができます。心理描写は少ないですが、展開がスピーディーで主人公の悲しみや亡くなった妻への愛は、執拗なまでの捜査から感じ取ることができます。そして、警察といえば凶器、拳銃を使用した乱闘シーン。MOZUにおいても、ラストに至るまでの間にこの乱闘シーンが効果的に盛り込まれています。最後に真犯人を追いつめる場面では、最後に生き残るのは誰だという緊迫感を味わうことができます。すべての結末を知った後は、もう一度伏線を回収しながら読みたくなる警察小説です。
突然街で起こった爆弾事件に巻き込まれて命を絶った妻の死の真相を暴くために動き出した公安刑事の主人公。…もっと見る
突然街で起こった爆弾事件に巻き込まれて命を絶った妻の死の真相を暴くために動き出した公安刑事の主人公。主人公だけではなく、登場人物のほとんどが警察関係者です。所轄刑事と公安の対立、上下関係、組織の窮屈さが描かれている点も警察小説の王道であるといえます。容疑者とされる連続殺人犯を追ううちに警察内部の陰謀に辿りついて行きますが、警察の秘密体質を見事に生かし、最後まで誰が敵で味方か分からないというドキドキを楽しむことができます。心理描写は少ないですが、展開がスピーディーで主人公の悲しみや亡くなった妻への愛は、執拗なまでの捜査から感じ取ることができます。そして、警察といえば凶器、拳銃を使用した乱闘シーン。MOZUにおいても、ラストに至るまでの間にこの乱闘シーンが効果的に盛り込まれています。最後に真犯人を追いつめる場面では、最後に生き残るのは誰だという緊迫感を味わうことができます。すべての結末を知った後は、もう一度伏線を回収しながら読みたくなる警察小説です。…元に戻す
警察と犯人が織りなすミステリーがたまらない!警察小説ランキング11.77pt
tammnoさん
百舌の叫ぶ夜はテレビでも放映された百舌シリーズの小説第一弾です。逢坂剛はハードボイルドな作品が多いのですがこのシリーズはそれに加えて公安警察の闇を描き切るところが非常にリアリティがあって面白い作品になっています。テレビのシリーズを見てから小説を読むとこの原作とのギャップに疑問があるかもしれません。しかし、わたしは原作を先に読んでいましたのでわりとすんなりテレビも見ることができました。作者の取材力や想像力、ストーリーの展開には驚くばかりで休憩する間もなくすべてを読みたくなる作品に仕上がっています。もちろん、この続編もすべて読んでみることがおすすめです。警察とは、公安とはを改めて考えることができる小説です。
百舌の叫ぶ夜はテレビでも放映された百舌シリーズの小説第一弾です。逢坂剛はハードボイルドな作品が多いの…もっと見る
百舌の叫ぶ夜はテレビでも放映された百舌シリーズの小説第一弾です。逢坂剛はハードボイルドな作品が多いのですがこのシリーズはそれに加えて公安警察の闇を描き切るところが非常にリアリティがあって面白い作品になっています。テレビのシリーズを見てから小説を読むとこの原作とのギャップに疑問があるかもしれません。しかし、わたしは原作を先に読んでいましたのでわりとすんなりテレビも見ることができました。作者の取材力や想像力、ストーリーの展開には驚くばかりで休憩する間もなくすべてを読みたくなる作品に仕上がっています。もちろん、この続編もすべて読んでみることがおすすめです。警察とは、公安とはを改めて考えることができる小説です。…元に戻す
警察と犯人が織りなすミステリーがたまらない!警察小説ランキング6.21pt
かえ郎さん
ドラマの印象は、どちらかというと警察組織より犯罪組織のインパクトの方が強かったこの作品ですが、文字で読むとなかなかに硬派な警察小説としての面が際立っていて、一つの話で二つの面を味わえた気がして楽しかったです。ドラマでは描写の少ないところも、きっちりと書き表されている原作は、重みも作品としての深みも増していて素晴らしかったですね。主人公もその周りの登場人物たちも、スタイリッシュなだけではなくて、汗臭さや泥臭さのような、リアルの人間に近いものが感じられました。警察組織の表の顔と裏の顔が、現実的に浮かび上がっていて、読んでいて言い知れない興奮を覚えます。続刊もどんどん読み進めていきたくなるような作品でしたね。読めば読むほどにはまっていく、中毒性があります。
ドラマの印象は、どちらかというと警察組織より犯罪組織のインパクトの方が強かったこの作品ですが、文字で…もっと見る
ドラマの印象は、どちらかというと警察組織より犯罪組織のインパクトの方が強かったこの作品ですが、文字で読むとなかなかに硬派な警察小説としての面が際立っていて、一つの話で二つの面を味わえた気がして楽しかったです。ドラマでは描写の少ないところも、きっちりと書き表されている原作は、重みも作品としての深みも増していて素晴らしかったですね。主人公もその周りの登場人物たちも、スタイリッシュなだけではなくて、汗臭さや泥臭さのような、リアルの人間に近いものが感じられました。警察組織の表の顔と裏の顔が、現実的に浮かび上がっていて、読んでいて言い知れない興奮を覚えます。続刊もどんどん読み進めていきたくなるような作品でしたね。読めば読むほどにはまっていく、中毒性があります。…元に戻す
警察と犯人が織りなすミステリーがたまらない!警察小説ランキング5.46pt
ロゼッタさん
テレビドラマを見て原作に興味を持ち、読むことにしました。スピード感とスリルのある展開で、見入ってしまいます。読み始めから緊張感があり、読み進めるにつれ「百舌は何者なのだろう」という自分の推理がことごとく外れて驚くばかりでした。良い意味で裏切られる作品だな、と。爆弾事件の真相もさることながら新谷の正体、倉木の美希に対する行動、何より事件の真相に若松や室井が関わっていたことなど、最後まで予想がつかない飽きの来ない内容です。登場人物の性格も「冷静さ」がありながら相反するものを感じ、個性が出ていると思います。倉木は静かな迫力を、美希は情のある熱さを、大杉は豪快さがあり、時たま冷静さを欠くような発言や行動も意外性があって惹きこまれました。続編も全て読み終え、これをきっかけにまた最初から読み直してみたいと思います。
テレビドラマを見て原作に興味を持ち、読むことにしました。スピード感とスリルのある展開で、見入ってしま…もっと見る
テレビドラマを見て原作に興味を持ち、読むことにしました。スピード感とスリルのある展開で、見入ってしまいます。読み始めから緊張感があり、読み進めるにつれ「百舌は何者なのだろう」という自分の推理がことごとく外れて驚くばかりでした。良い意味で裏切られる作品だな、と。爆弾事件の真相もさることながら新谷の正体、倉木の美希に対する行動、何より事件の真相に若松や室井が関わっていたことなど、最後まで予想がつかない飽きの来ない内容です。登場人物の性格も「冷静さ」がありながら相反するものを感じ、個性が出ていると思います。倉木は静かな迫力を、美希は情のある熱さを、大杉は豪快さがあり、時たま冷静さを欠くような発言や行動も意外性があって惹きこまれました。続編も全て読み終え、これをきっかけにまた最初から読み直してみたいと思います。…元に戻す
警察と犯人が織りなすミステリーがたまらない!警察小説ランキング2.89pt
ソソララさん
テレビドラマ化され、話題になったので、原作を読んでみました。テレビドラマの中では、人間関係や時系列が難しいくて、おもしろいような、意味が分からないような内容でしたが、やはり原作。その点は解消されています。原作の中では、主人公は妻の死に対して、ドラマほど影響を受けていないような、もっとドライで、タフな男性のイメージです。殺人シーンや人物ぞうなど、どんどんイメージが膨らみますが、その分独特な気味のわるさも増徴してしますでしょう。重要なアイテムである、icチップの扱いがドラマと原作では大きくちがっていました。原作のほうがより現実にありそうなシュチュエーションだと思います。でもドラマでは、放送できないのかなとも思いますが。
テレビドラマ化され、話題になったので、原作を読んでみました。テレビドラマの中では、人間関係や時系列が…もっと見る
テレビドラマ化され、話題になったので、原作を読んでみました。テレビドラマの中では、人間関係や時系列が難しいくて、おもしろいような、意味が分からないような内容でしたが、やはり原作。その点は解消されています。原作の中では、主人公は妻の死に対して、ドラマほど影響を受けていないような、もっとドライで、タフな男性のイメージです。殺人シーンや人物ぞうなど、どんどんイメージが膨らみますが、その分独特な気味のわるさも増徴してしますでしょう。重要なアイテムである、icチップの扱いがドラマと原作では大きくちがっていました。原作のほうがより現実にありそうなシュチュエーションだと思います。でもドラマでは、放送できないのかなとも思いますが。…元に戻す
警察と犯人が織りなすミステリーがたまらない!警察小説ランキング1.22pt
百舌の叫ぶ夜のレビューをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※投稿いただいたレビュー(クチコミ)は、当社で承認の後、点数化して、上記に追加いたします。
※レビューの点数化は文字数が少なすぎると適正に行われません。レビューをご記入いただく際には150文字以上のご記入をおすすめ致します。