ハリーポッターと死の秘宝
ハリーポッターと死の秘宝

ハリー・ポッターシリーズ第7巻で、完結編です。前作までに明かされなかった真実が明らかになり、最終決戦もくり拡げられます。

520円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

ハリーポッターと死の秘宝
ハリーポッターと死の秘宝

ハリー・ポッターシリーズ第7巻で、完結編です。前作までに明かされなかった真実が明らかになり、最終決戦もくり拡げられます。

520円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

クチコミ数41 ※ここでは代表的なクチコミを表示しています。
らむさん
ハリーポッターシリーズは全作読んでいますが、死の秘宝で最後ということで、ストーリーを噛み締めながらゆっくりと読みました。今までのハリーポッターは学校を舞台に話が進んで行きましたが、今回は学校の外での冒険がメインとなっていてスリリングで面白かったです。ハリーとロン、ハーマイオニーの3人でヒントが少ない手探りの状況からヴォルデモートを追い詰めていくところはワクワクして素晴らしいと思いました。グリンゴッツ銀行やドラゴン、魔法の杖などファンタジー好きには堪らないものばかりでした。最後は、自分の魔力で向かってくるヴォルデモートに対して、ハリーは深い愛情の力で打ち勝つ場面は圧巻でした。また、ハリーが大きくなり結婚して子供が出来て、その子供がホグワーツ特急で学校に向かう場面を読んだときは、ハリーポッターのお話はここで終わるけど、魔法の世界ではまだストーリーが続いていくんだという不思議な感情を覚えました。読んでよかったです。
ハリーポッターシリーズは全作読んでいますが、死の秘宝で最後ということで、ストーリーを噛み締めながらゆ…もっと見る
ハリーポッターシリーズは全作読んでいますが、死の秘宝で最後ということで、ストーリーを噛み締めながらゆっくりと読みました。今までのハリーポッターは学校を舞台に話が進んで行きましたが、今回は学校の外での冒険がメインとなっていてスリリングで面白かったです。ハリーとロン、ハーマイオニーの3人でヒントが少ない手探りの状況からヴォルデモートを追い詰めていくところはワクワクして素晴らしいと思いました。グリンゴッツ銀行やドラゴン、魔法の杖などファンタジー好きには堪らないものばかりでした。最後は、自分の魔力で向かってくるヴォルデモートに対して、ハリーは深い愛情の力で打ち勝つ場面は圧巻でした。また、ハリーが大きくなり結婚して子供が出来て、その子供がホグワーツ特急で学校に向かう場面を読んだときは、ハリーポッターのお話はここで終わるけど、魔法の世界ではまだストーリーが続いていくんだという不思議な感情を覚えました。読んでよかったです。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング4.59pt
れいさん
ハリーポッターを最初から読んでいますが、読むたびにワクワクします。死の秘宝は最終作なのでこれで、少し寂しい感じがしましたがとても面白かったです。話に出てくるシンボルマークの元ネタは読んだことがありませんが、3つの秘宝が主となる話です。活字でも、とても情景が浮かびやすく自分も入り込んでいるような感じになります。魔法が使えたらなんて思いながら読んでいました。一番ファンタジーだと思うのは、やはり魔法が使える部分だと思いますが、最初から読んでいくと主人公・その友人の成長していく姿、友情や愛情が出てきます。魔法だけでなく人物たちの成長も楽しめる本だと思います。一度読むとやめられなくなり、続きが気になる一冊です。
ハリーポッターを最初から読んでいますが、読むたびにワクワクします。死の秘宝は最終作なのでこれで、少し…もっと見る
ハリーポッターを最初から読んでいますが、読むたびにワクワクします。死の秘宝は最終作なのでこれで、少し寂しい感じがしましたがとても面白かったです。話に出てくるシンボルマークの元ネタは読んだことがありませんが、3つの秘宝が主となる話です。活字でも、とても情景が浮かびやすく自分も入り込んでいるような感じになります。魔法が使えたらなんて思いながら読んでいました。一番ファンタジーだと思うのは、やはり魔法が使える部分だと思いますが、最初から読んでいくと主人公・その友人の成長していく姿、友情や愛情が出てきます。魔法だけでなく人物たちの成長も楽しめる本だと思います。一度読むとやめられなくなり、続きが気になる一冊です。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング4.35pt
Sakuraさん
ハリーポッターシリーズの完結編だけあって、魔法が飛び交い、数々の伏線が回収されていきます。宿敵ヴォルデモート、死喰い人達とハリーたちの対決や死の秘宝の謎の解明、ダンブルドアの過去など、手に汗握る展開が次々と待っています。特に、最後の戦いの場は、今までの総決算といっても過言ではないと思います。不死鳥の騎士団の面々が、死喰い人たちと全面対決し、感動の再会や悲しみの別れなど、ドキドキハラハラが止まりません。感動のラストと、あの人(あえて伏せます)の過去は、読んでいて涙がこぼれてしまいました。そんなに切ない過去を持っていたのか、とそのキャラクター視点で1作目から読み返したくなりました。ハリーポッターシリーズを1作でも読んだことのある人にはオススメですが、シリーズを全作読んでいないとわからない展開などがあります。
ハリーポッターシリーズの完結編だけあって、魔法が飛び交い、数々の伏線が回収されていきます。宿敵ヴォル…もっと見る
ハリーポッターシリーズの完結編だけあって、魔法が飛び交い、数々の伏線が回収されていきます。宿敵ヴォルデモート、死喰い人達とハリーたちの対決や死の秘宝の謎の解明、ダンブルドアの過去など、手に汗握る展開が次々と待っています。特に、最後の戦いの場は、今までの総決算といっても過言ではないと思います。不死鳥の騎士団の面々が、死喰い人たちと全面対決し、感動の再会や悲しみの別れなど、ドキドキハラハラが止まりません。感動のラストと、あの人(あえて伏せます)の過去は、読んでいて涙がこぼれてしまいました。そんなに切ない過去を持っていたのか、とそのキャラクター視点で1作目から読み返したくなりました。ハリーポッターシリーズを1作でも読んだことのある人にはオススメですが、シリーズを全作読んでいないとわからない展開などがあります。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング3.64pt
あっかさん
世界中で大人気となったハリーポッターシリーズの最後の作品です。イギリスの作品らしく、魔法や妖精が登場し、この作品以前の物語に散りばめられた伏線が見事につながって行く展開には、最後の最後までハラハラドキドキさせられます。ハリーポッターシリーズの作者は、列車に乗っている最中に第一巻からこの作品のラストまでを思いついて執筆したと言いますから、もう一度第1巻からのある人物の行動や会話文を読みなおして死の秘法のラストを読むと、なんとも切なく、胸を痛めずには読めません。主人公のハリーと、その周りの子供達の運命、使命が見事に描かれ、シリーズのラストを飾るのにふさわしい作品となっているので、児童向けの小説ではありますが、大人が読んでも充分楽しめると思います。
世界中で大人気となったハリーポッターシリーズの最後の作品です。イギリスの作品らしく、魔法や妖精が登場…もっと見る
世界中で大人気となったハリーポッターシリーズの最後の作品です。イギリスの作品らしく、魔法や妖精が登場し、この作品以前の物語に散りばめられた伏線が見事につながって行く展開には、最後の最後までハラハラドキドキさせられます。ハリーポッターシリーズの作者は、列車に乗っている最中に第一巻からこの作品のラストまでを思いついて執筆したと言いますから、もう一度第1巻からのある人物の行動や会話文を読みなおして死の秘法のラストを読むと、なんとも切なく、胸を痛めずには読めません。主人公のハリーと、その周りの子供達の運命、使命が見事に描かれ、シリーズのラストを飾るのにふさわしい作品となっているので、児童向けの小説ではありますが、大人が読んでも充分楽しめると思います。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング3.35pt
けろさん
今まで、ハリーポッターシリーズは、すべて読んできました。あらゆる評価はあると思いますが、個人的には、この作品がハリーポッターシリーズで一番好きです。第3作の「ハリーポッターとアズカバンの囚人」における、伏線が回収されて、とても気持ちよかったです。そして、ハリーが一度死んだかのように思わせるシーンが出てきました。天国に行ったようなシーンです。あれは、私はハリーの頭の中での想像ではなく、実際に一度天国に行ったのだととらえました。そのときの描写が、ハリーポッターの中で、もっとも非現実的だなと思い、かなりファンタジー要素が強かったと思います。魔法を使っているので、もともと現実的ではないですが、この作品がもっとも非現実的だと思いました。
今まで、ハリーポッターシリーズは、すべて読んできました。あらゆる評価はあると思いますが、個人的には、…もっと見る
今まで、ハリーポッターシリーズは、すべて読んできました。あらゆる評価はあると思いますが、個人的には、この作品がハリーポッターシリーズで一番好きです。第3作の「ハリーポッターとアズカバンの囚人」における、伏線が回収されて、とても気持ちよかったです。そして、ハリーが一度死んだかのように思わせるシーンが出てきました。天国に行ったようなシーンです。あれは、私はハリーの頭の中での想像ではなく、実際に一度天国に行ったのだととらえました。そのときの描写が、ハリーポッターの中で、もっとも非現実的だなと思い、かなりファンタジー要素が強かったと思います。魔法を使っているので、もともと現実的ではないですが、この作品がもっとも非現実的だと思いました。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング1.82pt
ミラクルさん
流石に最終巻だけあって、かなり内容が詰め込まれていたように思います。肝心のラストが良くないと台無し、と思いながら読んでいましたが、キッチリと終わってくれたので満足です。子供向けと言う事で始まったハリーっポッターシリーズですが、死の秘宝はかなり登場人物が死んでしまうのでダークな内容です。細かい描写こそありませんが、何とも暗い雰囲気に泣きそうになりました。ハリー達3人は流石にそんな事ないよね、と読む前は違う意味でドキドキしていましたが、それは無くてホッとした所があります。しかし、ロンの双子の兄弟であるフレッドが死んでしまった時はかなりショックでした。そういう人は多いんじゃないでしょうか。ただ、そんな内容であっても、後日談である最後のハリー達が大人になってからの話がしっかりしていて明るく終われるのはかなり良かったと思います。戦いが終わって小説も終わり、と言うのは多いですが、死の秘宝はそうではありません。それだけでもシリーズを読んで良かったなと思いますね。
流石に最終巻だけあって、かなり内容が詰め込まれていたように思います。肝心のラストが良くないと台無し、…もっと見る
流石に最終巻だけあって、かなり内容が詰め込まれていたように思います。肝心のラストが良くないと台無し、と思いながら読んでいましたが、キッチリと終わってくれたので満足です。子供向けと言う事で始まったハリーっポッターシリーズですが、死の秘宝はかなり登場人物が死んでしまうのでダークな内容です。細かい描写こそありませんが、何とも暗い雰囲気に泣きそうになりました。ハリー達3人は流石にそんな事ないよね、と読む前は違う意味でドキドキしていましたが、それは無くてホッとした所があります。しかし、ロンの双子の兄弟であるフレッドが死んでしまった時はかなりショックでした。そういう人は多いんじゃないでしょうか。ただ、そんな内容であっても、後日談である最後のハリー達が大人になってからの話がしっかりしていて明るく終われるのはかなり良かったと思います。戦いが終わって小説も終わり、と言うのは多いですが、死の秘宝はそうではありません。それだけでもシリーズを読んで良かったなと思いますね。…元に戻す
ファンタジー最高峰はどれ?非現実世界に連れてってくれる小説ランキング0.71pt
ハリーポッターと死の秘宝のレビューをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※投稿いただいたレビュー(クチコミ)は、当社で承認の後、点数化して、上記に追加いたします。
※レビューの点数化は文字数が少なすぎると適正に行われません。レビューをご記入いただく際には150文字以上のご記入をおすすめ致します。