どんでん返しが予想外!最後にやられたとみんなが言った小説ランキング

ドキッ!ゾクッ!どんでん返しのある小説は一度ハマルと抜け出せません。ランキング作品は特に病みつきに。

誰でもが言葉を失ってしまうような大どんでん返しの小説ランキングです。あなたを中毒にしてしまうかもしれません。

口コミ点数について
各口コミの点数は、書いた人の”きもち”を当社独自の言語解析システムで点数化したものです
…もっと見る

殺戮にいたる病
4.84pt
クチコミ数69
この作品の一番の面白さは、最後まで事実を勘違いさせられることです。そのため、ラストの衝撃の事実はどんでん返しになっており、もう一度読みたくさせられます。それほど見事などんでん返しになっています。それまでのストーリーは、このどんでん返しの衝撃度を高めるためのものと言っても過言ではありません。あり得ないほどの怖さを感じながら、衝撃的などんでん返しの面白さがある。その両方を楽しめる作品です。
この作品の一番の面白さは、最後まで事実を勘違いさせられることです。そのため、ラストの衝撃の事実はどん…もっと見る
この作品の一番の面白さは、最後まで事実を勘違いさせられることです。そのため、ラストの衝撃の事実はどんでん返しになっており、もう一度読みたくさせられます。それほど見事などんでん返しになっています。それまでのストーリーは、このどんでん返しの衝撃度を高めるためのものと言っても過言ではありません。あり得ないほどの怖さを感じながら、衝撃的などんでん返しの面白さがある。その両方を楽しめる作品です。…元に戻す
シックさん 12.28pt
日本のどんでん返し小説を語るうえで絶対にはずせない一作。最近ではもう枯渇状態の叙述トリックを駆使した作品ですが、必ずだまされることでしょう。叙述トリックとは一般的な推理小説とは違い言葉のトリックを用いて読者をだますタイプのものを指します。多くの場合最後の最後で今まで想像していた世界感が全く違ったものになります。私は数々の叙述トリックの小説を読んできて免疫ができてしまい、どんでん返しな小説には最近出会っていませんでした。そんな中殺戮に至る病には見事に騙されました。だまされることの爽快感を味わえる数少ない作品の一つです。絶対に読むべきです。変に構えずに読んでいきましょう。まあ疑ってかかって読み進めても必ず騙されますが。それほど強烈なインパクトを持った作品です。
日本のどんでん返し小説を語るうえで絶対にはずせない一作。最近ではもう枯渇状態の叙述トリックを駆使した…もっと見る
日本のどんでん返し小説を語るうえで絶対にはずせない一作。最近ではもう枯渇状態の叙述トリックを駆使した作品ですが、必ずだまされることでしょう。叙述トリックとは一般的な推理小説とは違い言葉のトリックを用いて読者をだますタイプのものを指します。多くの場合最後の最後で今まで想像していた世界感が全く違ったものになります。私は数々の叙述トリックの小説を読んできて免疫ができてしまい、どんでん返しな小説には最近出会っていませんでした。そんな中殺戮に至る病には見事に騙されました。だまされることの爽快感を味わえる数少ない作品の一つです。絶対に読むべきです。変に構えずに読んでいきましょう。まあ疑ってかかって読み進めても必ず騙されますが。それほど強烈なインパクトを持った作品です。…元に戻す
噂
4.03pt
クチコミ数28
本作品の一番最後の一行には驚愕のどんでん返しが書かれています。そのどんでん返しを強烈なものにするためにストーリーがあると言っても過言ではありません。ストーリーそのものは噂が真実になってしまうサイコサスペンスで、最後までテンポよく描かれています。だからこそ、最後の一行がどんでん返しとして生きています。本作品の楽しみ方は、最後のどんでん返しを先に読まないようにすることです。魅力が半減してしまいます。
本作品の一番最後の一行には驚愕のどんでん返しが書かれています。そのどんでん返しを強烈なものにするため…もっと見る
本作品の一番最後の一行には驚愕のどんでん返しが書かれています。そのどんでん返しを強烈なものにするためにストーリーがあると言っても過言ではありません。ストーリーそのものは噂が真実になってしまうサイコサスペンスで、最後までテンポよく描かれています。だからこそ、最後の一行がどんでん返しとして生きています。本作品の楽しみ方は、最後のどんでん返しを先に読まないようにすることです。魅力が半減してしまいます。…元に戻す
りりさん 12.49pt
どんでん返し系の小説を読み漁っていた時期にこの小説に出会いました。帯に記されていた「衝撃のラスト一行に瞠目!」というコメントに惹かれて購入しました。内容としては、とても読みやすいものでした。文章もすっきりとしていて、刑事もののサスペンスとしてさりと読める文章でした。ここからどうやってラスト一行でどんでん返しに持っていくのかということが気になって仕方ありませんでした。伏線があるのでは、と深読みしながら読み進めました。そして、最後の1行はさすがの一言です。これまで読んだどんでん返しものの叙述トリックとはまた一味違う、1行にひっくり返るということに納得ができました。こういった、どんでん返しものは前もって、どんでん返しがあると分かって読むと構えてしまうところもあるので、できれば知らずに読んですっかり騙されたいという思いもありながらよく読んでいます。
どんでん返し系の小説を読み漁っていた時期にこの小説に出会いました。帯に記されていた「衝撃のラスト一行…もっと見る
どんでん返し系の小説を読み漁っていた時期にこの小説に出会いました。帯に記されていた「衝撃のラスト一行に瞠目!」というコメントに惹かれて購入しました。内容としては、とても読みやすいものでした。文章もすっきりとしていて、刑事もののサスペンスとしてさりと読める文章でした。ここからどうやってラスト一行でどんでん返しに持っていくのかということが気になって仕方ありませんでした。伏線があるのでは、と深読みしながら読み進めました。そして、最後の1行はさすがの一言です。これまで読んだどんでん返しものの叙述トリックとはまた一味違う、1行にひっくり返るということに納得ができました。こういった、どんでん返しものは前もって、どんでん返しがあると分かって読むと構えてしまうところもあるので、できれば知らずに読んですっかり騙されたいという思いもありながらよく読んでいます。…元に戻す
葉桜の季節に君を想うということ
最後の最後で大きなどんでん返しが待っている作品です。しかもそのどんでん返しは半端ではない大きさでひっくり返されます。読んでいて、やられてしまったと思いながら、またもう一度読みたくさせられます。普通のどんでん返しと違って、読者を驚かせる内容ですので、まさにあっけにとられると呼べるものになっています。恋愛あり、事件ありのストーリーを楽しみながらどんでん返しを心待ちにできる、稀有な作品です。
最後の最後で大きなどんでん返しが待っている作品です。しかもそのどんでん返しは半端ではない大きさでひっ…もっと見る
最後の最後で大きなどんでん返しが待っている作品です。しかもそのどんでん返しは半端ではない大きさでひっくり返されます。読んでいて、やられてしまったと思いながら、またもう一度読みたくさせられます。普通のどんでん返しと違って、読者を驚かせる内容ですので、まさにあっけにとられると呼べるものになっています。恋愛あり、事件ありのストーリーを楽しみながらどんでん返しを心待ちにできる、稀有な作品です。…元に戻す
ぽんぱぶーさん 11.96pt
本の帯に書かれていたどんでん返しという言葉に誘われて、読み始めました。ミステリー小説にハマっていた時期で、どんなどんでん返しが待っているのかと期待を膨らませながら読み進め、終わりを楽しみにしていたけど、自分が期待しているようなどんでん返しではなかった。小説の内容は面白かったですが、どんでん返し?と首をかしげるような終わり方で、おそらくもう一度読み返してみたら、違う面白さも出てくるのかもしれませんが、少し裏切られたような気持ちになったので、読み返すこともありませんでした。人によっては確かに、大どんでん返し!になると思いますが、期待して読んでいた分、本当に残念に思います。本の帯に少しだまされてしまったなと思う小説でした。
本の帯に書かれていたどんでん返しという言葉に誘われて、読み始めました。ミステリー小説にハマっていた時…もっと見る
本の帯に書かれていたどんでん返しという言葉に誘われて、読み始めました。ミステリー小説にハマっていた時期で、どんなどんでん返しが待っているのかと期待を膨らませながら読み進め、終わりを楽しみにしていたけど、自分が期待しているようなどんでん返しではなかった。小説の内容は面白かったですが、どんでん返し?と首をかしげるような終わり方で、おそらくもう一度読み返してみたら、違う面白さも出てくるのかもしれませんが、少し裏切られたような気持ちになったので、読み返すこともありませんでした。人によっては確かに、大どんでん返し!になると思いますが、期待して読んでいた分、本当に残念に思います。本の帯に少しだまされてしまったなと思う小説でした。…元に戻す
占星術殺人事件
3.06pt
クチコミ数24
本作の中には事件解決のための細かなヒントが散りばめられており、それが最後にどんでん返しとして全て繋がっていくのが快感です。ヒントは本当に些細なことで、言われるまで気が付きません。それがどんでん返しまでになる描写は素晴らしく、一気に最後まで読みたくなります。また主人公が、どんでん返しをするために取る言動も個性的で魅力的です。事件を主人公と一緒に推理し、どんでん返しまで謎解きできるかも楽しみです。
本作の中には事件解決のための細かなヒントが散りばめられており、それが最後にどんでん返しとして全て繋が…もっと見る
本作の中には事件解決のための細かなヒントが散りばめられており、それが最後にどんでん返しとして全て繋がっていくのが快感です。ヒントは本当に些細なことで、言われるまで気が付きません。それがどんでん返しまでになる描写は素晴らしく、一気に最後まで読みたくなります。また主人公が、どんでん返しをするために取る言動も個性的で魅力的です。事件を主人公と一緒に推理し、どんでん返しまで謎解きできるかも楽しみです。…元に戻す
conaさん 6.7pt
まずはなんといっても、この後長く続いていくことになるこのシリーズの魅力的なキャラクターたちが醍醐味です。ホームズ役である御手洗・ワトソン役である石岡君のコンビが難事件に挑んでいく本格ミステリ。序盤は少し読みにくさを感じるかもしれません(少し特殊な描写もあるので)が、話が進んでいくにつれ、転がるように勢いを増しボリュームのある物語ながらあっという間に読みきってしまいます。衝撃のあるラストですが、無理やり感を感じるようなとんでもないものではなく、納得のできるトリックです。強烈なインパクトのあるラストに、思わず気が抜けてしまうような読後感を感じるほどです。この衝撃とまだ出会っていない方には強くオススメします。
まずはなんといっても、この後長く続いていくことになるこのシリーズの魅力的なキャラクターたちが醍醐味で…もっと見る
まずはなんといっても、この後長く続いていくことになるこのシリーズの魅力的なキャラクターたちが醍醐味です。ホームズ役である御手洗・ワトソン役である石岡君のコンビが難事件に挑んでいく本格ミステリ。序盤は少し読みにくさを感じるかもしれません(少し特殊な描写もあるので)が、話が進んでいくにつれ、転がるように勢いを増しボリュームのある物語ながらあっという間に読みきってしまいます。衝撃のあるラストですが、無理やり感を感じるようなとんでもないものではなく、納得のできるトリックです。強烈なインパクトのあるラストに、思わず気が抜けてしまうような読後感を感じるほどです。この衝撃とまだ出会っていない方には強くオススメします。…元に戻す
斜め屋敷の犯罪
2.9pt
クチコミ数22
この作品の舞台である屋敷が斜めに立っていることや、細かなトリック、不可思議な現象などの全てが、最後にどんでん返しとして見事にまとめられています。どんでん返しのある作品の中でも、ここまで過程で混乱させられる作品はありません。しかもそのどんでん返しの見事さは笑ってしまうほどです。主人公のキャラクターと相まって、感心させられると同時にこの作品の構成の素晴らしさがどんでん返しに生きています。
この作品の舞台である屋敷が斜めに立っていることや、細かなトリック、不可思議な現象などの全てが、最後に…もっと見る
この作品の舞台である屋敷が斜めに立っていることや、細かなトリック、不可思議な現象などの全てが、最後にどんでん返しとして見事にまとめられています。どんでん返しのある作品の中でも、ここまで過程で混乱させられる作品はありません。しかもそのどんでん返しの見事さは笑ってしまうほどです。主人公のキャラクターと相まって、感心させられると同時にこの作品の構成の素晴らしさがどんでん返しに生きています。…元に戻す
イックさん 5.42pt
斜め屋敷の犯罪は島田荘司さんの名探偵御手洗潔のシリーズの一冊で、本格ミステリーファンにこそオススメしたい名作です。舞台は北海道のある高台にある斜めに傾いた屋敷流氷館でそこで起こる密室殺人をテーマにした小説です。事件が起きて名探偵が謎解きをするというのはミステリー定番ですが、この小説の見せ場は驚くべき視覚のトリックだと言えます。キレイに騙された時ほど嬉しくなってしまいますし、私は何よりこのシリーズは御手洗さんのエキセントリックなキャラクターに魅力を感じます。初期の作品ほどその傾向が強くこの作品は御手洗さんの性格もですし、何より本格ミステリー色の強さも好きです。また作品が好きな人にオススメしたいのは同じく島田さんの作品で「異邦の騎士」でこの作品のトリックもラストにどんでん返しな手法が使われていて楽しく読めました。
斜め屋敷の犯罪は島田荘司さんの名探偵御手洗潔のシリーズの一冊で、本格ミステリーファンにこそオススメし…もっと見る
斜め屋敷の犯罪は島田荘司さんの名探偵御手洗潔のシリーズの一冊で、本格ミステリーファンにこそオススメしたい名作です。舞台は北海道のある高台にある斜めに傾いた屋敷流氷館でそこで起こる密室殺人をテーマにした小説です。事件が起きて名探偵が謎解きをするというのはミステリー定番ですが、この小説の見せ場は驚くべき視覚のトリックだと言えます。キレイに騙された時ほど嬉しくなってしまいますし、私は何よりこのシリーズは御手洗さんのエキセントリックなキャラクターに魅力を感じます。初期の作品ほどその傾向が強くこの作品は御手洗さんの性格もですし、何より本格ミステリー色の強さも好きです。また作品が好きな人にオススメしたいのは同じく島田さんの作品で「異邦の騎士」でこの作品のトリックもラストにどんでん返しな手法が使われていて楽しく読めました。…元に戻す
口コミ点数について
各口コミの点数は、書いた人の”きもち”を当社独自の言語解析システムで点数化したものです
…もっと見る