甘い罪の果実
甘い罪の果実

ドラマタッチのストーリーの中に男性同士の恋愛模様が描かれています。ドラマ性が疎かにされていないので、読み物としての面白さも十分です。

1円
571円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

甘い罪の果実
甘い罪の果実

ドラマタッチのストーリーの中に男性同士の恋愛模様が描かれています。ドラマ性が疎かにされていないので、読み物としての面白さも十分です。

1円
571円

上記に表示されている価格は最新の価格ではありません。正確な価格については、リンク先のサイトにてご確認下さい。

クチコミ数7 ※ここでは代表的なクチコミを表示しています。
ゆうさん
この小説を読もうと思ったとき、ホモ小説という感じがしませんでした。ちらっとみた時に、仕事の内容のことをしっかりと書かれていたからです。そのため、現実的な描写と、空想的な描写が一緒になって、不思議な魅力を想像をすることができました。内容としては、複雑な気持ちの内容となっています。これは、男性同士、女性同士、異性の恋愛とも、どれも共通する内容であると思うのです。人を好きになって、その気持ちをどのように思っているのか、相手のことを切なく思う気持ち、その気持ちは、誰であっても同じです。そのため、共感をすることができました。また性描写のところは、新鮮でした。色々な感情で見ることができる、不思議な小説となっています。
この小説を読もうと思ったとき、ホモ小説という感じがしませんでした。ちらっとみた時に、仕事の内容のこと…もっと見る
この小説を読もうと思ったとき、ホモ小説という感じがしませんでした。ちらっとみた時に、仕事の内容のことをしっかりと書かれていたからです。そのため、現実的な描写と、空想的な描写が一緒になって、不思議な魅力を想像をすることができました。内容としては、複雑な気持ちの内容となっています。これは、男性同士、女性同士、異性の恋愛とも、どれも共通する内容であると思うのです。人を好きになって、その気持ちをどのように思っているのか、相手のことを切なく思う気持ち、その気持ちは、誰であっても同じです。そのため、共感をすることができました。また性描写のところは、新鮮でした。色々な感情で見ることができる、不思議な小説となっています。…元に戻す
ホモに胸キュン!腐女子が萌えちゃうと言った小説ランキング2.28pt
BL小説Lovers必読!萌えシチュエーションだらけの小説ランキング1.89pt
いぬまるさん
智章は父親の無実の罪をはらすために、敏腕弁護士になった昔の恋人和臣に父親の弁護を依頼する。条件はひとつ「簡単だ。俺と寝ればいい」。王道ネタですね。非常な和臣の屈辱的な奉仕を迫られ翻弄されながらも、智章は恋人だった頃の思いが甦る。学生時代ささいなことで別れてしまった二人、6年ぶりに再会してお互いの気持ちを再確認、和臣のおかげで父親は釈放され、ハッピーエンド。和臣の智章に対する非道ぶりと智章のどこまでも受け身でずるずると引き込まれる様と心の葛藤。二人の再会してからの気持ちの移り変わりが、肉体的な描写と精神的な描写で描かれています。二人とも結局は6年前からずっとお互いのことが忘れられずに好きだったんですね。
智章は父親の無実の罪をはらすために、敏腕弁護士になった昔の恋人和臣に父親の弁護を依頼する。条件はひと…もっと見る
智章は父親の無実の罪をはらすために、敏腕弁護士になった昔の恋人和臣に父親の弁護を依頼する。条件はひとつ「簡単だ。俺と寝ればいい」。王道ネタですね。非常な和臣の屈辱的な奉仕を迫られ翻弄されながらも、智章は恋人だった頃の思いが甦る。学生時代ささいなことで別れてしまった二人、6年ぶりに再会してお互いの気持ちを再確認、和臣のおかげで父親は釈放され、ハッピーエンド。和臣の智章に対する非道ぶりと智章のどこまでも受け身でずるずると引き込まれる様と心の葛藤。二人の再会してからの気持ちの移り変わりが、肉体的な描写と精神的な描写で描かれています。二人とも結局は6年前からずっとお互いのことが忘れられずに好きだったんですね。…元に戻す
ホモに胸キュン!腐女子が萌えちゃうと言った小説ランキング1.57pt
BL小説Lovers必読!萌えシチュエーションだらけの小説ランキング1.37pt
あいうえおさん
新刊と思いきや、5年前の復刊とのこと。復刊されるのも頷けるクオリティです。相手を想いながらも自分から別れを切り出した栗原は、父親が無実の罪で逮捕されたことで、かつての恋人・桐堂に、父の弁護を依頼するため再会する。冷たい態度の相手が、事件を引き受けるかわりに要求したのは、自分の体で・・・と、つい最近別出版社から出た著者の新刊とシチュエーションにかなり共通点のある、再会ものの王道です(笑)。栗原の大手広告代理店の仕事のリアリティや(事件後の左遷含む)、父親の背任疑惑について、検察の思惑や汚職、その裏のヤクザとの関係がリアリティを持って描かれていて、単なるBL小説を越えた臨場感があります。再会してから、父親の事件の予想を越えた困難に振り回され、桐堂への想いにも翻弄される栗原。その複雑な心境をやまねさんの精緻な挿絵が見事に表現していて、引き込まれます。小説と挿絵とがここまで相性よく融合し合っている作品はなかなかないのでは。桐堂が暴漢に刺されて、栗原が泣き崩れるシーンはハマりすぎていてしばらくページがめくれませんでした。最後、桐堂と栗原の別れの理由がいまいち弱いのと、桐堂の態度の不明瞭さがちょっと説得度に欠けるのですが、思い切り甘い書き下ろし(イラストも!)までついて、しっかり1冊楽しめました。数年前の作品ながら、最近の著者の作品よりも、完成度が高く感じます。ちらっとだけ出てくる九曜会は、著者の別作品の主人公の組でもあり、名前だけでも登場人物が出てくるかと思いましたが、さすがにそれはありませんでした(笑)。残念。
新刊と思いきや、5年前の復刊とのこと。復刊されるのも頷けるクオリティです。相手を想いながらも自分から…もっと見る
新刊と思いきや、5年前の復刊とのこと。復刊されるのも頷けるクオリティです。相手を想いながらも自分から別れを切り出した栗原は、父親が無実の罪で逮捕されたことで、かつての恋人・桐堂に、父の弁護を依頼するため再会する。冷たい態度の相手が、事件を引き受けるかわりに要求したのは、自分の体で・・・と、つい最近別出版社から出た著者の新刊とシチュエーションにかなり共通点のある、再会ものの王道です(笑)。栗原の大手広告代理店の仕事のリアリティや(事件後の左遷含む)、父親の背任疑惑について、検察の思惑や汚職、その裏のヤクザとの関係がリアリティを持って描かれていて、単なるBL小説を越えた臨場感があります。再会してから、父親の事件の予想を越えた困難に振り回され、桐堂への想いにも翻弄される栗原。その複雑な心境をやまねさんの精緻な挿絵が見事に表現していて、引き込まれます。小説と挿絵とがここまで相性よく融合し合っている作品はなかなかないのでは。桐堂が暴漢に刺されて、栗原が泣き崩れるシーンはハマりすぎていてしばらくページがめくれませんでした。最後、桐堂と栗原の別れの理由がいまいち弱いのと、桐堂の態度の不明瞭さがちょっと説得度に欠けるのですが、思い切り甘い書き下ろし(イラストも!)までついて、しっかり1冊楽しめました。数年前の作品ながら、最近の著者の作品よりも、完成度が高く感じます。ちらっとだけ出てくる九曜会は、著者の別作品の主人公の組でもあり、名前だけでも登場人物が出てくるかと思いましたが、さすがにそれはありませんでした(笑)。残念。…元に戻す
ホモに胸キュン!腐女子が萌えちゃうと言った小説ランキング1.14pt
BL小説Lovers必読!萌えシチュエーションだらけの小説ランキング1.21pt
甘い罪の果実のレビューをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※投稿いただいたレビュー(クチコミ)は、当社で承認の後、点数化して、上記に追加いたします。
※レビューの点数化は文字数が少なすぎると適正に行われません。レビューをご記入いただく際には150文字以上のご記入をおすすめ致します。